キャッシングおまとめローン

キャッシングおまとめローンしたい!消費者金融への増額審査と新規申込で迷う前に

 

複数の金融機関のキャッシングを利用している場合、返済スケジュールの管理も面倒になるうえ、金利の総支払額もかなりの金額になります。これらを一本化してしまえば返済スケジュールの管理も簡単になり、借入額が大きくなるので適用される金利が低くなるぶん、総支払額を減少させることができるのでかなりお得です。

 

このような複数の借金をひとまとめにするためだけに作られたローン商品がおまとめローンです。現在さまざまな金融機関がこのおまとめローンを販売しており、これらを利用できれば借金問題を一気に解決することも可能です。

 

 

ただしおまとめローンを利用するためには、改めて金融機関の審査を受けなければいけません。ですからこの審査次第ではおまとめローンを利用できないこともあります。基本的にこの種類のローンを利用する場合は、借入額が高額になることが多いので審査の基準もそれだけ高くなります。

 

借金の状況次第では審査の合格が厳しいことも想定されますので、慎重に考慮してから申し込むことが必要です。どうしても利用したいのであれば、申し込む前に借金を整理して借り入れている金融機関の数を減らしておきましょう。このローンの審査で重視されるのは借入総額ではなく、借りている金融機関の数です。

 

限度額に余裕のあるところからキャッシングし、借入額の少ないところの返済に回して解約するなどして借入件数を減らしておくことが必要です。

 

 

どうしてもおまとめローンの利用が難しそうな場合は、既存のカードローンの限度額を増額してもらうという方法もあります。増額可能なところがあれば増額し、新たに借り入れたお金を他の借入の返済に回すなどして借り入れ件数を少しずつ減らしていくという方法です。

 

地味で手間のかかる方法かもしれませんが、新規にローン契約を結ぶよりも、既存のローンを増額してもらうほうが多少は利用できる可能性が高まるでしょう。もちろん増額にも審査があり、場合によっては増額が不可能なこともあります。

 

それでも増額をしたいのであれば、それぞれの金融機関が開設している相談コーナーへ連絡して、正直に借金の一本化のために利用したい旨を伝えて増額の希望を伝えるといいでしょう。

 

 

新たにローン契約を結んだり、増額申請も却下されるようであれば、借金問題の解決は非常に厳しいと言わざるをえません。債務整理などを念頭において弁護士などの専門家に相談することが必要になります。

 

銀行カードローンで住宅ローンを借りる前のシュミレーション

 

キャッシングおまとめローンしたい!消費者金融への増額審査と新規申込で迷う前に

住宅ローンを組む時には必ずローン返済のシュミレーションをしてみることをおすすめします。

 

どんなものを、住宅ローンのシュミレーションというのでしょう。完済までにかかる期間や金額を、

 

様々な条件を変えながらシュミレーションをしていきます。返済プランの比較、

 

いくつかのローンを組み合わせた場合の試算ができます。手数料なども含めて、

 

全額返済する時の返済方法をシュミレーションできるものもあります。シュミレーションをすることで、

 

毎月どのくらいの返済ができて、最終的な返済総額がいくらになるかもわかります。

 

住宅ローンと言うのは返済金額が大きいのはもちろんのこと、

 

ローンの諸費用も思っていた以上にかかると言われています。

 

住宅ローンの内容を具体的に決めるためには、シュミレーションを参考にすることです。シュミレーションをすることで、

 

いくらまでの借入が可能なのか、返済条件はどういったものになるかを明確にしていきます。一般的に銀行や金融会社などでは、

 

住宅ローンの返済額は年収の25〜35%を上限にしているところが多いといわれます。年収の35%より多い返済負担になると、

 

家計への圧迫割合が余りにも大きくなりすぎて、返済が安定しないことがあるためです。

 

年収に対して、何%の返済を年間の返済として設定するかが、住宅ローンのシュミレーションでは検討テーマになります。

 

住宅ローンセンターについて

 

とくに住宅ローンだけを専門に扱う住宅ローンセンターとは、銀行のローン受付窓口から分離されたものです。

 

銀行とは独立した店舗になっています。営業は平日の3時より遅くまでしていて、ローン説明会なども土日に開いているようです。

 

本来の目的は、不動産業者と銀行のやり取りをよりしやすくすることだったといいます。

 

最近は住宅ローンを組みやすくするためにも、よりメリットのある住宅ローンを組みたいという顧客にさまざまな情報を与える場所となっているようです。

 

住宅ローンについて詳しく聞きたい、納得のいくまで検討したいという人は、住宅ローンセンターを利用するといいでしょう。

 

少しだけ早く、住宅ローンセンターは、月初めに出す店頭金利の情報を知ることができるといいます。

 

銀行が独自に行うキャンペーン金利の内容をより詳細に知ることができます。

 

主に住宅ローンセンターにいるスタッフは、住宅ローンだけの、通常の銀行の仕事の範囲では延長線上ではカバーしきれない専門的な知識を持っているそうです。

 

 

法律的な税金や契約関係の知識や、不動産取引の流れなど、さまざまな知識が住宅ローンを組む場合にはなければ困ります。

 

家を新しく買う場合のみ利用するものではありません。

 

リフォームや住み替え、ローンの借り換えに関する相談も住宅ローンセンターは受けつけています。